Another scenery

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い永い  





刺青は貴方の“生きる証”だったんだろう と勝手に思ってます

私に「生きてるのは苦しい でも死ぬのは寂しい」と言った

言葉につまる私は偽善者なのか振り返る  生きてる貴方をみたのは 私が最後だから

貴方が 私に語ってくれた数々の言葉に向き合って

自分になにができる? 自分ができることは?

自分なりに考えていかなければならないし 絶対に忘れてはならない そう思います



数年前に言われた

 「ずっと真っ暗なトンネルを歩いてきましたね あなたが “人のためになにかをしたい” そう思ったき 少しずつ出口の光が見えはじめるでしょう」と

見えたと思った光は幻だったのでしょうか? 私は いまだトンネルから出ることができません





廃校・廊下



スポンサーサイト

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。