fc2ブログ

Another scenery

絶望の迷宮  





屋島奥行




絶望に陥るのは 人生で二度目

這い出す方法はひとつしかない


無題  





悪は正しい

本来なら 平等で 対等なはずなのに 弱者だという意識を植え付けている

弱者と思い込んでる人たちの 代弁者にすらなれない 力のない私は ただ愚かです




無題



前記事のコメントのお返事返さなくてごめんなさい

少し休みます


雨の中、紫陽花をみながら  





あの人の言葉は こんなにも影響力があるんだ


わたしは


自己と他者のあいだの 幅広ーい境界線を


少し跨いでみた


そして もうずっと胸に残ってる言葉を思い出す


「 出会いは宝物です たとえどんな出会いだったとしても 自分にとってしんどかったり 苦痛だったとしても それは学びだから そういう思いを知ってたら 人に優しくなれるでしょう? 」




紫陽花。




紫陽花。。。



美しく 楽しく 今日を生きよう  







sakura.jpg





数日前に 生死にかかわる緊急オペをした幼馴染みが 「三途の川を渡ってる途中で 泳いで戻ってきた」 って笑った

そしてそんな状況で 私の言葉を思い出した って

「いつ死ぬかわからん もしかしたら明日死んでしまうかもしれん だから後悔のないように生きたい

好きな人と好きなことだけに時間を使いたい 自分の納得のいかん時間を過ごすのは絶対に嫌」

って 何度か言い合いになった時に 言い放った言葉。。。 だそう

“明日死んでしまう” そんなわけないやんって思ってた って

人のいのちは きっと思ってる以上に儚い

だから毎日 一生懸命生きよう って

時間  思い  人  大切にしよう って  幼馴染みの笑顔をみながら 思ったのでした





桜



無題  





死ぬ間際まで 死を願った彼の顔は

苦痛からの解放と 希望に満ちてたように感じられました

微笑み 穏やかで 安らかで とても美しかった

“旅立ったんだ” という思いが 強くのこるものでした




廃と夕暮れ




▲Page top